スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『和菓子のアン』  坂木司

評価:
坂木 司
光文社
¥ 1,890
(2010-04-20)
コメント:和菓子のトリビアミステリー
Amazonランキング: 11271位
ケータイ小説レベル…
VFM
杏子ちゃんと年がいもなく友達になりたいと思いました。

JUGEMテーマ:読書


 久々の坂木さんの作品です。  ヒロインの杏子ちゃんは、何か、自分に

自信がない女の子で、高校を卒業する時に、進学も就職もせず、自分のやり

たいことを見つける時間を持ちます。そして、選んだのは、なぜか、デパート

に入っている和菓子店!  店そのものも魅力的なのですが、一緒に働く

店長や立花さんといった人たちも、魅力的ですよね。 


 人情ものとしてもよし、和菓子のトリビア話も楽しめる、上品なミステリー

です。 



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。


| 坂木司作品 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『夜の光』  坂木司

評価:
坂木 司
新潮社
¥ 1,680
(2008-10)
コメント:かなりビターな青春小説。
Amazonランキング: 133292位
淡々としているが、心地よい物語
坂木司作品で最下位
低温なストーリーと温かな絆

JUGEMテーマ:読書
  

 久しぶりの坂木さんの作品、かなりビターテイストの青春小説でした。  それぞれに問

題を抱えた男女高校生の4人が、天文部というゆるい部活で微妙に調和のとりつつ、日常系

の謎を解きつつ、助け合いながらの高校生活とその後が描かれています。 


 それぞれが抱えている問題というのが、正直重たいものばかりで、痛々しいのですが、そん

ななかでも、みんなが前向きに、一生懸命生きている姿が印象的な話です。そして、みんな、

さりげなく名探偵です。   本当に、この4人に、早く幸せが訪れないか、願わずにはいら

れないです。


 4人の、唯一の心の拠り所である天文部の生活が、ゆるくて、しかも楽しそうで、うらやまし

かったです。   ギイの淹れるコーヒー、ブッチのピザもどき、ゲージの持参クッキー、

そしてスペシャルな闇鍋。以前の作品もそうですが、坂木さんは本当にお料理の描写が上

手ですよね。 



 収録作品      『季節外れの光』

             『スペシャル』

             『片道切符のハニー』

             『化石と爆弾』

             『それだけのこと』



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト

















| 坂木司作品 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『先生と僕』  坂木司

評価:
坂木 司
双葉社
¥ 1,470
(2007-12)
Amazonランキング: 2813位
さわやかな読後感が心地よい。
悪くはないですよ。
著者らしいほのぼの作品です
JUGEMテーマ:読書



 新シリーズ開幕の予感の坂木さん最新作。


 主人公の二葉君が登場した時、てっきり彼が「僕」で、大学の先生が「先生」

だと想像して読み始めたのですが。始まってまもなく、彼は中学生の隼人君

にスカウトされ、家庭教師に。そう、「先生」は二葉君だったのです。

びっくり


 家庭教師の頼み方といい、恐るべき推理マニアぶりといい、隼人君はとんで

もない少年なのですが、その本性をかわいいルックスと猫かぶりの言動で隠し

て、いろいろな人をイチコロにして、リアル「探偵ごっこ」を楽しんでいき

ます。 楽しい 


 隼人君が「ホームズ」なら、二葉君は「ワトスン」。しらずしらずのうちに、

美味しい「えさ」をホームズに提供してしまいます。 嬉しい 抜群の

記憶力も隼人君のために提供して、隼人君の「事件捜査」にひきずられて

いきます。怖いもの嫌いの心配性なのですが。


 毎回、事件のたびに、事件に関係した本を貸してくれて、親切に解説して

くれる、そう、隼人君は二葉君の推理小説の「先生」だったのです。 ニコニコ


 友達の山田君といい、ドラマになったら、面白そうなメンバーですよね。

テレビ


 収録作品        『先生と僕』

             『消えた歌声』

             『逃げ水のいるプール』

             『額縁の裏』

             『見えない盗品』


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 坂木司作品 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『ホテルジューシー』  坂木司

評価:
坂木 司
角川書店
¥ 1,470
(2007-09)
Amazonランキング: 57055位
正義感が強すぎる
浩美の頭の硬さが鼻につくけど、憎めない。
ライトノベル的だけれども楽しい♪
JUGEMテーマ:読書



 この作品は、『シンデレラ・ティース』という作品の、いわばスピンオフ

作品です。あちらは、可憐な女子大生・サキちゃんが、歯医者でのひとなつの

バイト生活を描いた作品ですが、こちらはヒロちゃんの親友にして、男前な

女子大生・ヒロちゃんが沖縄のなんだか怪しいホテルでのひとなつのバイト

生活を描いた作品です。 読書


 曲がったことが嫌いで、大家族の中でしっかり者に育ちすぎ、そしてかなり

古風な思想の持ち主のヒロちゃんは、沖縄の独特の生き方や、それを体現する

かのようなオーナー代理にも、反発心を持つ時もあります。心がまっすぐ過ぎ

て、お客様にもいらぬおせっかいをしたりして、あちこちのブログでは、「

鬱陶しい正義感を押し付ける女」のような評価が多かったですけれども、

私はこのヒロちゃん、嫌いではありません。おせっかいが原因で、時に人を

傷つけることはあっても、それが原因で心の痛みが和らいだり、新たなる

一歩を踏み出したお客様もいるので、必要なものであったと思います。

それが、最後のオーナー代理の素敵なセリフにつながるのではないか

と、勝手に思っています。『シンデレラ・ティース』がラズベリー

ケーキのような甘酢っぽさなら、『ホテルジューシー』は、ほろ苦い

キャラメルケーキといったところでしょうか。 嬉しい


 沖縄の文化や食べ物が、非常に魅力的に描かれているのも魅力的で

す。特に、ホテルでの朝食は、文章を読んでいるだけでよだれが出て

きます。 楽しい


収録作品   『ホテルジューシー』

        『越境者』

        『等価交換』

        『嵐の中の旅人たち』

        『トモダチ・プライス』

        『≠(同じじゃない)』

         『微風』


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。
















| 坂木司作品 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ワーキング・ホリデー』 坂木司

評価:
坂木 司
文藝春秋
¥ 1,550
(2007-06)
Amazonランキング: 34712位
読者として応援したくなってしまう、父と息子の夏休み
あー面白かった!
父と息子のひと夏の体験
 この人の作品は、(たぶん)今刊行されているものは全部読んでいると

思うのですが、いまのところ、はずれというものがありませんね。嬉しい

私の主観ですが。今作も、かなり笑わせていただきました。 男女


 主人公の元ヤンキーのホスト・沖田大和は、突然職場に「あなたの息子

です。」という小学生の男の子が現れ、大慌て。なりゆきで夏休みの間、

この子の面倒をみることになって、なぜかなりゆきで宅配便のお兄さん

に転職。楽しい


 普通、「あなたの息子です」系の物語だと、ひねたり恨んだりしている

息子が登場しそうなものですが、この息子・進くん、やけに大人びていて、

冷静なのです。 見る


 実のお父さんを独力でさがしあてるわ、宿題は夏休みの前半からこなすわ、

家事は得意だわの、押しかけられて、かえって助かるタイプの息子なのです。

やたら細かいことに気がつくので、学校でつけられているあだなは、「お母

さん」。 たらーっ 私が、嫁に欲しいです。


 そんな「お母さん」な息子と慣れない宅配便の配達員としての日々を温かく、

楽しく描いてあって、私は今までの坂木作品の中では1番面白いのではないかと

思いました。 ニコニコ ミステリー要素はないですけど。


 それにしても、『クラブインディゴシリーズ』もそうですが、ホストもの

って、おかまなボスがつきものなのでしょうか? 唖然


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。








| 坂木司作品 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『動物園の鳥』  坂木司

 アマゾンで、文庫版の画像がなかったので、新書版の画像を使用。


 ひきこもり探偵探偵シリーズ第3弾。今回は長編で、動物園で起こった事件に、

「探偵団」を組織して、挑んでいきます。 嬉しい その過程で、ワトスン・

坂木は、ホームズ鳥井をひきこもりにした張本人と再会します。この男が、本当に

嫌な男で。 怒り


 長編なので、さらに深みがありますし、メンバーだけでなく、坂木と鳥井の成長

物語でもあります。 嬉しい そして、「リストランテ・トリイ」の出番も

多めです。 楽しい 巻末に、レシピをつけてくれたのが、嬉しいです。

男女


 このシリーズって、もう続編は書いていただけないのでしょうか。 しょんぼり


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。







評価:
坂木 司
東京創元社
---
(2004-03-23)
Amazonランキング: 76771位
背中を押す厳しさ
小さな悪意が人を殺し、小さなやさしさが世界を救う
ついに完結!ピュアな人間愛を描いた作品

| 坂木司作品 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『仔羊の巣』   坂木司

 ひきこもり探偵シリーズ、第2弾。史上最悪ともいえる偏屈な探偵と、史上

もっとも涙もろい助手兼語り役の2人にも、新しい季節が巡り、話を重ねるに

つれて、2人の周りには心に傷を抱えた人たちが、少しずつ集まってきます。


 そんな中で、ひきこもり探偵の鳥井は、親友・坂木のおかげで、少しずつ

行動範囲を広げることが出来るようになって、さらに「事件解決」に力を発揮

していきます。そして、坂木は、片思いされているのにも気づかない鈍感ぶり

で、鳥井との蜜月ぶりに「○モ疑惑」まで出てくる始末。いやあ、誰でも疑い

たくなりますよね。 冷や汗


 「癒し系日常」ミステリーとはいい難い、ちょっと「痛い」系のこのシリーズ。

でも、なんか読んでしまうのですよね。あと1冊だけなのが、残念です。

読書


 収録作品    『野生のチェシャ・キャット』

         『銀河鉄道を待ちながら』

         『カキの中のサンタクロース』



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。
















 
評価:
坂木 司
東京創元社
¥ 720
(2006-06-17)
Amazonランキング: 15432位
感想はそれぞれですが、個人的には推します
傷つきやすさ
気色悪さと癒しの微妙なブレンド

| 坂木司作品 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『青空の卵』 坂木司

 最近、なんやかんやで、読了する本も少なく、前のブログからの記事の

引越しも、なかなか進みません。 冷や汗 そんななか、ようやく1冊

読み終わりました。 


 この本は、坂木さんのデビュー作で、坂木さんと同名の人物が主人公兼

語り手で、その友人が探偵役という、古典的探偵小説、もしくは新本格的

な設定となっています。でも、人物の描き方が、今までの探偵ものとは、

ちょっと違いますよね。性別不詳とは書かれていますが、私は坂木さん

は女性だと思います。坂木と鳥井の関係といい、女性の描き方といい、

女性的だと感じたのですが。違っていたら、ごめんなさい。 余談ですが、

桜庭一樹さんて、女性だったのですね。 先日、地元の上毛新聞の読書

欄のインタビューで、初めて知りました。 冷や汗


 私は、こういう「日常の謎」系の作家さんは好きなのですが、今までの、

例えば北村薫さんや加納朋子さんに比べると、ワトスン役とホームズ役の、

お互いの依存度が高いですよね。 孤独な天才に確信犯的に近づく罪悪感

と自分への言い訳みたいなものが、ちらほらみうけられますよね。悪くは

ないのですが。あとは、結構事件に関わる人々が、善人が多いですよね。

北村さん等だと、たまにぞっとする人物が登場しますから。 読書


 とはいえ、いい短編集でした。早く、次の巻を買わなくては!

楽しい


 収録作品       『夏の終わりの三重奏』

            『秋の足音』

            『冬の贈りもの』

            『春の子供』

            『初夏のひよこ』


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。










評価:
坂木 司
東京創元社
¥ 780
(2006-02-23)
男同士の百合
すごく感動しました
この手のジャンルは好きなのだけど・・

| 坂木司作品 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
 
 

『シンデレラ・ティース』 坂木司

シンデレラ・ティース
シンデレラ・ティース


    著者      坂木司

    題名      シンデレラ・ティース

    出版社     光文社

    歯医者に行きたくなるかも度 ★★★★★★★★★


 他に読みかけの本もあるのに、先に買った『青空の卵』もまだ読んでいないのに、後か

ら買ったこの本をつい読了。 冷や汗


 だって、歯医者が舞台なんて、ヒロインのサキちゃんでなくても、みんながトラウマを

抱えていそうな場所でしょ?それなのに、やけに爽やかな装丁ですし。歯医者で起こる事

件なんて、興味津津。 イヒヒ


 女子大生のサキちゃんが、母親に勧められたバイト先へ行くと、そこは歯医者でした

!子供の頃のトラウマで、歯医者なんて行きたくもなかったサキちゃんですが、叔父さ

んが勤める歯医者ということ、それに少々風変わりな歯医者ということで、とりあえず

そこでのひと夏バイトをすることに決めました。この本は、サキちゃんと愉快な仲間達

(歯医者・技工士・衛生士)の事件簿であると同時に、サキちゃんの成長物語、そして

歯医者トリビアなのです。 楽しい


 『シンデレラ・ティース』     ある日、OL風の「お客様」の恋人らしき人が

                  どなりこんでくる。治療状況と男の話の食い違い
  
                  に違和感を感じたメンバーは、調査を開始する。


 『ファントムVSファントム』    電話では好印象だったのに、治療を受けにきた「

                  お客様」は横柄でヒステリック。そのギャップ                   
                  を、調べることになる。


 『オランダ人のお買い物』     ケーキを買いに出た出先で雨やどりをするサキ

                  ちゃん。やはり雨やどりをするサラリーマンと

                  知り合うが、このサラリーマンには、とんでもな                  
                  い秘密があった!


 『遊園地のお姫様』        予約客は終了したはずなのに、突然やってきた高

                  校生風の可愛い子。ぶっきらぼうな四谷君とも仲
  
                  良しな様子が、サキちゃんには気になって仕方が

                  ない。


 『フレッチャーさんからの伝言』  サキちゃんのバイトも終わりが近づき、いよいよ

                  品川クリニックでの歯の治療を決意する。四谷君

                  は、ドイツに留学!


 「どうして耳には、まぶたがないの!?」というサキちゃんの意見には、大賛成です。

何しろ、あの「チュイーン」という音が、歯医者に行く決意を鈍らせる原因の一つなので

すから。 冷や汗 


  でも、うちの近所の歯医者さんは新しいせいか、先生は優しいし、技術も新しいの

で、痛みも少ないです。何より、待合室であの「チュイーン」音がほとんど聞こえない

し、薬臭さも少ない、明るいつくりなので、緊張感が少なく、気軽に行けます。 

嬉しい 友達にも勧めて、友達が叔父さんにも勧めたので、「お客様」を増やすのに

少しは貢献できたかなと思っています。 楽しい 最近、また虫歯が痛くなってきた

ので、そろそろ行かなくちゃ。 たらーっ


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。












| 坂木司作品 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『切れない糸』 坂木司

切れない糸
切れない糸
坂木 司

      著者     坂木司

      題名     切れない糸

      出版社    東京創元社

      下町人情度  ★★★★★★★★

 本当は、昨日アップする予定だったのですが、ログインできなかったので今日アップし

ました。 冷や汗


 坂木作品は2作目ですが、いまのところ、結構好みの作家さんかもしれませんね。ま

だ、肝心の「ひきこもり探偵シリーズ」を読んでいないのですが。 

 
 物語の主人公が大学卒業を控えたある日、父親が急逝するところから物語は始まりま

す。いきなり父親が病死するところから始まるミステリーって、珍しいのではないでしょ

うか。しかも、家業がクリーニング店なので、クリーニング店を手伝うことになる主人

公。クリーニング店を舞台としたミステリーというのも、斬新です。しかも、このクリー

ニング店の後継ぎはワトスン役で、喫茶店に勤める友人がホームズ役という、二段構え。

楽しい こういう、ホームズ&ワトスンみたいな配置のミステリー、好きなのですよ

ね。 嬉しい カバーデザイナーの方でなくても、シリーズ化を期待してしまいま

す。 男女


 『グッドバイからはじめよう』  父親の急死でクリーニング店を継ぐことになった主

                 人公・新井和也は、凄腕アイロン職人のシゲさんと
       
                 松竹梅トリオとグッドバランスな母親に助けられ、

                 集荷の仕事を始める。そんな中で、気になる洗濯物

                 ばかり持ちこむ男性客が現れる。


 『東京、東京』          クリーニングの得意客から、最近家に戻らなくな

                  った娘の様子を見てくるように頼まれる和也。

                   何かを隠している様子に、また、沢田に相談を

                  持ち掛ける和也。


 『秋祭りの夜』          地元の秋祭りの夜、和也は屋台で参加することを

                  決める。考えた挙句の品目と女性の服ばかり持ち

                  込む男性の理由の結論は? 


 『商店街の歳末』         商店街の夜回り巡回に沢田を巻き込んだ和也。幽

                  霊騒ぎが起こって、あちこちでご馳走してもらい

                  ながらの探偵巡回は続く。


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 坂木司作品 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |