スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『ありがとう、さようなら 』  瀬尾まいこ

評価:
瀬尾まいこ
メディアファクトリー
¥ 1,260
(2007-07-04)
ありがたい
かわいい中学生がいっぱい
素敵な先生と生徒の日々
JUGEMテーマ:読書



 積ん読のシーズンが、少々長すぎましたが、ようやく手をつけまし

た。でも、まだ『温室デイズ』は、積んだままなのですが。 冷や汗


 瀬尾さんの「本業」の、中学教師のかけがいのない日々が描かれてい

ます。いい点を取ったら、結婚してくれと迫る生徒、給食で出てくる大

嫌いな鯖、日々のお洒落に対する生徒たちのありがたい評価。


 「いまどき」なんていわれてしまう世代のわりには、このエッセイを

読むかぎり、瀬尾さんのお勤めする中学の生徒さんたちは、いい生徒さ

んが多いですよね。 男女


 あ、でも、「誕生日」の章は、ショックかも。「30歳まで、あと1

年」なんて、カウントダウンされたら、たまらないですよね。同じく、

三十路を超えて、嫁に行く気配のない同類には、身につまされますね。

 たらーっ 「そんなことを言っている君たちも、あっという間

に同じ立場になるんだよ。」といってあげたいですね。本当に、すぐ

なんですから。 冷や汗



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト












| 瀬尾まいこ作品 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『戸村飯店青春100連発』  瀬尾まいこ

評価:
瀬尾 まいこ
理論社
¥ 1,575
(2008-03-20)
Amazonランキング: 9480位
家族の距離感
素晴らしき兄弟愛
JUGEMテーマ:読書



 既刊2冊を積ん読にしている瀬尾さんですが、これはあっという間に

読んでしまいました。 嬉しい


 腐れ縁の兄弟ものと聞いて、『間宮兄弟』みたいなのを想像していた

のですが、また一味違った男の兄弟愛を見せられて、ほんわかしました。

楽しい


 大阪の下町にある戸村飯店に育った二人の兄弟、ルックスが良くて

器用な兄は、家から出たい一身で「小説家になりたい。」と嘘をついて

上京。そして、1年後、今度は弟の進路の番で・・・・、と話は進んで

行くのですが、器用貧乏な兄と、まっすぐで、何か夢があればそれに向か

って着実に進める弟の「進路」がこうだとはビックリ! びっくり

 
 竹下の兄ちゃんと兄弟の兄の「秘密」が笑えます。 嬉しい

たしかに、関西でそれは言えないですよね。 冷や汗



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。











| 瀬尾まいこ作品 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2) 』 瀬尾まいこ

評価:
瀬尾 まいこ
新潮社
¥ 420
(2007-06)
Amazonランキング: 95333位
素敵なお母さんデス
家族のあり方
やさしくて切ない心の通い合い
JUGEMテーマ:読書



瀬尾さんのデビュー作にして、坊ちゃん文学賞大賞作。以前から読みたかったの

ですが、なかなか手に入らなくて、文庫版が発売になったので、速攻で手に入れ

ました。 嬉しい でも、切なそうでなかなか読み始めることができません

でした。何しろ、「僕は捨て子だ。」という一文で始めるので。 


 しかし、いざ読みはじめたら、一気読み!やっぱり、瀬尾まいこさんは、デ

ビュー当時からただものではなかったのです! びっくり もう1つ収録

されている『7’s blood』や『卵の緒』、『幸福な食卓』もそうですが、

瀬尾さんは不幸でない、何か欠けた家族を描くのが上手ですよね。 男女


 解説があさのあつこさんというのも、贅沢ですね。 楽しい
 


| 瀬尾まいこ作品 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『見えない誰かと』 瀬尾まいこ

見えない誰かと
見えない誰かと
瀬尾 まいこ

    著者        瀬尾まいこ

    題名        見えない誰かと

    出版社       祥伝社

    心がほっこりする度 ★★★★★★★

 個人的に好きな作家・瀬尾まいこさんの、たしか初のエッセイ集です。

 日常系のエッセイを想像していたのですが、瀬尾さんの『本業』であ

る教師生活の中で出会った、おかしくも心温まる出会いを優しく書き綴ら

れた作品でした。 嬉しい 瀬尾さんの『日常』は、学校ですからね。


 登場する先生や生徒、父兄の皆様が、とにかく個性的な面々。 びっくり

私が好きな章はまず、『愛すべきボス』。こんな上司がいたら、面白くて、

頼もしいですよね。楽しい 鬱陶しいこともありそうですが。


 それと、『新商品報告会』。うちも妹がいて、お互いにチョコレートが

大好きなので、状況は結構似ているかも。 まあ、報告会までは、しない

ですが。でも、モニターでもないのに、せっせと新商品を『試食』して、

ブログに記事を載せているのですから、同じようなものです。本当に、

冬は忙しいですよね。 イヒヒ


 あとは驚いたのが、『図書室の神様』。なんと、『図書館の神様』は、

実在のモデルがいるそうなのです。! びっくり 会ってみたい!

わーい


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 瀬尾まいこ作品 | 23:47 | comments(3) | trackbacks(2) | pookmark |
 
 

『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ

天国はまだ遠く
天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ

      著者     瀬尾まいこ

      題名     天国はまだ遠く

      出版社    新潮社(文庫)

      祝・文庫化度 ★★★★★★★★★★

 
 瀬尾作品のうち、この作品と『卵の緒』がまだ未読なので、この作品が文庫

化されて嬉しいです。 嬉しい


 ヒロインの山田千鶴は、自殺するために身辺を片付けて、貯金を全額おろ

して、北へ向かいます。目的地は鳥取や京都の果ての、人里離れていて、決

行するのによさそうな日本海側の地域、。そのなかでも、相応しいと思われ

る駅で降ります。でも、まだ足りないと思ったヒロインは、タクシーに乗っ

てさらに北の端へ行ってくれるように頼みます。面倒くさそうに応じる、タ

クシーの運転手。そんなことより、普通は自殺の心配するでしょ?とにかく

北へ行ってくれなんて、とこの運転手にはつっこみたいですね。 たらーっ

 私なら、東尋坊で自殺したいですが。(地元の方、ごめんなさい。)

 2ドラファンにとっては、いわば「聖地」ですから。

 
 ちょうどいい感じの場所にたどり着いて、民宿に泊まって、自殺を決行す

るも、見事に失敗! びっくり そこから、物語が始まります。真面目

で、生きるのに不器用そうなヒロインの、「自殺旅行」の顛末が優しくも

おかしく書かれています。 女 自殺する時に、誰に連絡をして、誰

に連絡をしないか、一生懸命に考えるものでしょうか? イヒヒ


 自殺をするために訪れた町で、逆に癒されていくヒロインと町の人々の

様子が、面白いですね。 楽しい 『幸福な食卓』に続いて、こちらも

映画化されるそうなので、それも面白そうです。 男


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 瀬尾まいこ作品 | 23:44 | comments(2) | trackbacks(3) | pookmark |
 
 

『強運の持ち主』 瀬尾まいこ

強運の持ち主
強運の持ち主


    著者        瀬尾まいこ

    題名        強運の持ち主

    出版社       文芸春秋

    ほんわか元気が出る度     ★★★★★★★


 久しぶりの瀬尾まいこさんの作品。タイトルから想像していたのは、ヒロイン

が「強運の持ち主」だということ。しかし、なんと読み進むうちに、彼氏が「強運

の持ち主」であることが分かって、予想がはずれました。 びっくり


 もう1つは、ヒロインがやっている占いの店に、押しかけアシスタントでやって

きた武田君。ありがちかもしれませんが、私は彼が真の「パートナー」だと勘繰っ

ていたのですが。・・・結構、ヒロインの周りはみんないい人ばかりで、修羅場

みたいなのはないんですよね。 冷や汗


 会社を辞めて、何故か占い師になったというヒロインのキャラが面白いし、その

最強のパートナーともいえる通彦君の存在も面白いです。 楽しい ただ、

「強運の持ち主」というタイトルから想像されるような強烈な存在感はなかった

ですよね。と、いうわけで、次回作で、続きを書いて、ぜひ通彦君を活躍させて

ください。 男女


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 瀬尾まいこ作品 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『優しい音楽』 瀬尾まいこ

優しい音楽
優しい音楽
瀬尾 まいこ


    著者      瀬尾まいこ

    題名      優しい音楽

    出版社     双葉社

    買っといてよかった度 ★★★★★★★★


 『愚行録』の後に一服するには、良い1冊でしたね。

 
 この本には、優しい味わいの作品が3つ収められています。駅前で逆ナンしてき

た彼女の家で起こったことを描いた『優しい音楽』、不倫相手に子供を1日おしつ

けられた女性の活躍を描く『タイムラグ』、同棲している彼女がある日男性を拾っ

てくる『からくた効果』。 


 本当なら、もっとドロドロの人間性の汚い話になってもおかしくないのに、出て

くる人物がみんな優しいです。 男女 ストーリー展開も爽やかで穏や

かですよね。ちょっと、物足りなく感じるくらい。


 本当に、買っておいてよかったです。『愚行録』の後は、『トッキュー!!』か

この『優しい音楽』がお薦めです。 嬉しい


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 瀬尾まいこ作品 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『幸福な食卓』 瀬尾まいこ

幸福な食卓
幸福な食卓
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.27
瀬尾 まいこ著講談社 (2004.11)通常24時間以内に発送します。




     著者       瀬尾まいこ

     題名       幸福な食卓

     出版社      講談社

     意外度      ★★★★★★★



 買ってはみたものの、みなさんの評判があまりよくないので、ちょっと読むのを

ためらった1冊。でも、読んでみたら面白いけど悲しい、味わい深い1冊でした。

これだから、ひとさまの意見は参考にしても鵜呑みにしてはいけないのですよね。

まあ、本と映画に関しては本当に人それぞれの感性の問題だから、人のことを信じ

てはいけないですよね。 ;^_^A


 自殺に失敗した父に、家を出た母、頭はいいのに大学にいかなかった兄という家

族に囲まれて、ヒロインはすごい幸せとはいえないけど結構不思議なバランスのと

れた幸せを、物語の中で味わっているように感じました。「このまま、この不思議

な感覚の幸せが続くのかしら?」と思っていたら、どなたかがおっしゃっていた通

り、最後にとんでもない結末が。 (゜◇゜)~ガーン 私は、もっと別の不幸を想

像していたのですが。私は、不覚にも最終章のあの「手紙」を読んだら、涙がにじ

んできてしまいました。( ; _ q ))クスン


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。














| 瀬尾まいこ作品 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『図書館の神様』 瀬尾まいこ

図書館の神様
図書館の神様
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.10
瀬尾 まいこ著マガジンハウス (2003.12)通常2??3日以内に発送します。



    
    著者       瀬尾まいこ

    題名       図書館の神様

    出版社      マガジンハウス

    貴重な一コマ度  ★★★★★★★



 せっかく、久しぶりに真面目に書いたのに、消えてしまいました。 [:びっく

り:] 「下書き保存機能があっても、保存できないんじゃ意味ないじゃん!」と

いう感じです。 悲しい


 昔から、図書館が好きだったので、この本を手にとりました。


バレーボールで挫折して、なんとなくなった国語講師、おまけに不倫しているヒ

ロインが、文芸部の顧問を押し付けられて、そこで成長していくお話。


 この文芸部の唯一の部員が、垣内君というやけに超然とした男子生徒。嬉しそう

に、川端康成先生の本を読むなんて、私には出来そうもありません。びっくり

この垣内君のおかげで、ヒロインは川端康成先生や夏目漱石先生に目覚めるので

す。


 このお話で、唯一気にいらない人物は、不倫相手の浅見さんです。私が好きな、

某探偵シリーズの永遠に33歳の方と、名前は一緒ですが性格は全然違います。不

倫をしていても全然悪びれない、しかもケーキ教室なのに鬼教師という理解できな

い人物。まぁ、ケーキ作りの腕はすごいらしいので、食べてみたい気はしますが。

ケーキ


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。
















| 瀬尾まいこ作品 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |