スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『田村はまだか』  朝倉かすみ

評価:
朝倉 かすみ
光文社
¥ 1,575
(2008-02-21)
コメント:田村がこういう登場の仕方をするとは、思ってもみませんでした
Amazonランキング: 12771位
ワクワクして田村を待った♪
湘南ダディは読みました。
チャオ!で待ってるから 走れよ君!

JUGEMテーマ:読書


 朝倉さんの作品ははじめて、だと思っていたのですが、以前に読んだ『夫婦1年生』 

も、朝倉さんの作品だったのですね。忘れていました。 


 スナック・バーでの同窓会の二次会、飛行機に乗り遅れた田村を同級生たちが待って

いるところから始まっている物語です。もっと、平凡な物語、そして、田村も、もっと平凡

な男を想像していたのですが、冒頭から語られる、田村の生い立ちからしてビックリです

。  そして、田村がバー「チャオ!」にすぐ来れない理由に、さらに驚きました。 


 田村を待つ間の、みんなの人生が描かれる場面も、なかなか深いものがあって、

ビックリしました。 



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト
















| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『生還』  大倉崇裕

評価:
大倉 崇裕
山と渓谷社
¥ 1,890
(2008-08-31)
コメント:名コンビの山岳ミステリー
Amazonランキング: 85403位
ニッチ

JUGEMテーマ:読書


 以前、この欄でも取り上げた『聖域』 にも登場する松山さん再登場のこの作品。

松山さんの部下ともいうべき山岳捜査官・釜谷さんが今回の主人公ですが、警察

ものの主人公らしく、優秀ですが、わが道を行くタイプで、ケータイも切っていると

いう、ちょっと困った人です。  そんな人とも上手くやってくれると見込まれた

のが、原田さん。何考えているのか分からない上司に、しぶしぶながらも秘書の

ように寄り添い、連絡のとれない釜谷さんに代わって、歩くケータイになっている

気の毒な人です。  結果は、残すのですが。


 名コンビによる作品集は、なかなか味があります。ただ、作品ひとつひとつの

長さが前作より短くなった分、少々物足りなさを感じる部分もあります。 



 収録作品     『生還』

            『誤解』

            『捜索』

            『英雄』



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト








| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『聖域』  大倉崇裕


評価:
大倉 崇裕
東京創元社
¥ 1,890
(2008-05)
コメント:久しぶりに、ミステリーらしいミステリーを読んだ満足感がありました。
Amazonランキング: 86638位
まあまあ
今年一番のミステリー
好感が持てる作品でした!!
JUGEMテーマ:読書



 この年末にきて、「すごい のを読んだなあ。」との一言に尽きると思います。 

 もっと早くに買って、もっと早くに読むべき作品でした。こりゃ、今年のベスト10

入りは、確実ですね。 


 
 大倉さんというと、ユーモアミステリーしか読んだことがなかったので、シリアス

な山岳ミステリーなので驚きましたが、読み始めたら止まらなくなり、一気に読み終

えてしまいました。 


 「山岳事故で友人を亡くし、その真相を探る。」なんて、不器用そうな主人公ともあ

いまって、『氷壁』を思い出したり、事故に遭う友人の名前が安西ということで、『クラ

イマーズ・ハイ』を思い出したり、「つくづく、私って、本オタクだわ。」と、実感してしまい

ました。 


 難しいと思いますが、これ、映画化かドラマ化、しないでしょか。 



 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト
















| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『夫婦一年生 (shogakukan paperbacks)』  朝倉かすみ

評価:
朝倉 かすみ
小学館
¥ 1,260
(2008-07-31)
Amazonランキング: 43034位
主人公たちが幼い
JUGEMテーマ:読書



 朝倉かすみさんて、どこかできいたことがあると思っていましたら、以前に

あちこちのブロガーさまの間で話題になった『田村はまだか』の作者さんです

ね。だいぶ、読み終えてから気づきました。『田村はまだか』は、まちの図書

館には入っているのですが、人気作品なので、なかなか私のところにまわって

きません。 冷や汗


 さて、『夫婦一年生』ですが、出会ってから結婚、そして新婚生活の悲喜こ

もごもが綴られています。その中には、引越しあり、妊娠あり、教室の授業

ありと、本当にバラエティ豊かで、未婚の私にとっては、うらやましいやら、

とても真似できないと驚かされるわで、いまだ来る予定のない結婚生活とやら

にびびっています。 冷や汗 だって、だんなの好物のきんぴらごぼう

を作るたびに駄目出しを食らったり、だんなが後片付けの役にも立たない

男で、なんか、この本の中のだんなにいらいらしたり。  怒り


 たとえ、最初は全然料理が不慣れだったとしても、月日が流れるにつれて、
 


すっかり上達した様子を見ると、手先が器用な人がうらやましくなりました。 わーい




【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい






にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト








 



 

| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『三毛猫ホームズの卒業論文 』  赤川次郎

評価:
赤川 次郎
光文社
¥ 840
(2003-10-21)
謎をといてはいけない。
JUGEMテーマ:読書



 ものすごく久しぶりの赤川さん、そして、「三毛猫ホームズ」シリーズ。

わーい 今回は、卒論に絡んで命を狙われる大学生コンビと、結婚

問題でもめている友人を助けるために、いつもの3人プラス1匹が活躍

します。 嬉しい


 ストーリーとしては、まあまあ想定内の展開ですが、読みやすい文章

と、長いシリーズでも古臭さを感じない物語の作り方が上手いですよね。

見る 浅見光彦や十津川警部のように、周りでは年月が経っている

のに、レギュラーキャラクターたちが年を取らない設定なのが、少し

おかしいです。 楽しい


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ラ・パティスリー』  上田早多里

評価:
上田 早夕里
角川春樹事務所
¥ 1,680
(2005-11)
Amazonランキング: 181034位
JUGEMテーマ:読書



上田さんの本は今回で2作目ですが、今回も洋菓子店が舞台のミステリアス

な物語です。 嬉しい もっとも、今回は、『ショコラティエー』と違い、

長編ですが。



 洋菓子店「ロワゾ・ドール」に勤める夏織は、ある日店に出勤すると、

見知らぬ男性を見つけ、声をかけます。その人物、市川恭也はその店は

自分の店と主張して譲りません。  ケーキ
 
 
 その人物の名前は嘘で、自分の店だという店は存在していないで、

紆余曲折をへて、自分の秘密を調べながら、「ロワゾ・ドール」で

働きはじめます。 嬉しい 


 市川恭也というのは何者なのか?店を出て行ったオーナーの息子さん

と関係があるのか?彼が経営していたというお店は、どこにあるのか?


 『ショコラティエー』の時も思ったのですが、とにかくお菓子の描写

が美味しそうです。 楽しい 「モンサンクレール」の辻口シェフ

が協力しているそうなので、納得です。 拍手


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト













| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ショコラティエの勲章 』  上田早夕里

評価:
上田 早夕里
東京創元社
¥ 1,575
Amazonランキング: 88088位
すべてのスイーツ好きにオススメ
JUGEMテーマ:読書



 こういう叢書のシリーズは、ここ数年、あちこちの出版社で出ていますが、

個人的には、東京創元社のシリーズが一番合っているのか、読んでいる数が

多いですね。 読書  この本も、東京創元社のミステリフロンティア

シリーズで、しかも、最近よく読んでいる「日常の謎」系の作品ということ

なので、リクエストして、図書館に入れていただきました。図書館さま、

ありがとうございます。 嬉しい


 さて、上田さんは、お初の作家ですね。お恥ずかしながら、この本を

手にとるまで知らなかったのですが、小松左京賞作家で、著者略歴にも

SF作品が数作並んでいますね。最近、SFはとんとご無沙汰なので、

本当に目にもしたことがありませんでした。しかし、この作品では、

和菓子店とショコラトリーを舞台にした「日常の謎」系ミステリーに

はまりました。お金を出して、購入してもよかったくらいです。

楽しい


 ヒロインの絢部あかりは、和菓子店「福桜堂」の工場長の娘で、自分

もその和菓子店の店売りをしています。ある日、2軒先にある評判のシ

ョコラトリー「ショコラ・ド・ルイ」に買い物に行って、万引き事件

を目撃、そこの長峰シェフに知り合い、そしてお菓子を巡る数々の

事件にも遭遇するという役どころです。 


 この作品は、日常系といっても、通常のものに比べると、やや苦味

が勝っている気がしますね。もちろん、それが、まずいわけではあり

ませんが。キャラクターの設定的には、日常系の王道ですね。普通

っぽくしているけれど、なかなか正義感にあふれて、知識も普通

でないお嬢さんタイプと、「先生」風の年上男性、という構図、で

すよね。しかも、今回はもう一人、イケメンパティシエつき。

わーい そして、美味しいそうなショコラの数々!この店が、

うちの近所にないことが、本当に哀しいです! 悲しい


 近寄りがたい風格もありながら優しさもも持ち合わせる長峰

シェフ。ドラマ化のあかつきには、山口馬木也さんなんて、どう

でしょうか?沖本シェフは、中村俊介さんとか。タマテツやツマブキ

でも、いいかもしれませんね。  男女


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト












 
| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『葉桜の季節に君を想うということ 』   歌野晶午

評価:
歌野 晶午
文藝春秋
¥ 1,950
Amazonランキング: 165099位
格好良い生き方
気持ち悪い
これは一気読みに限る
JUGEMテーマ:読書



 ミステリー・マスターズは、今までに覚えているだけで3冊読んでいる

のですが、言葉は悪いですが、これが1番ましです。 読書 そのこれ

だって、出だしがどうも乗れなくて、以前に借りてきた時には数行しか読ま

ずに挫折しました。 たらーっ


 何しろ、最初は、主人公の探偵役のずいぶんとだらしない様子が描かれ、

主人公の破滅型の物語かと思いましたから。[:がく〜:] 「なんでもやっ

てやろう屋」の看板を出す主人公が、まず、後輩の好きになった女性の

力になりたいと、主人公の協力をあおぐところから、物語は始まります。



 「事件」の真相を探り、「蓬莱倶楽部」というねずみ講のしっぽを掴む

ために活躍するパートと、探偵事務所の新入りとしてやくざに潜入捜査

するパートに分かれているのですが、正直、おもいっきり騙されました。

日頃、こういうものばかり読んでいるので、だいぶ慣れているつもりで

したが、してやられました。 冷や汗 たしかに、時系列とか、なん

だかおかしいとは、想っていたのですが。 びっくり 


 最近、友人の一人が、マルチ商法にはまりかけたのを止めたので、

なんだか他人ごとだとは、思えませんでした。暗いですが、最後の

場面で、多少、救いがある終わり方だったのが、良かったです。 


 たしか、『このミス』では、賛否両論、入り乱れていますよね。 

私は、そんなに悪くないと思ったのですが。 読書



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト














 

| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ミステリなふたり 』 太田忠司

評価:
太田 忠司
幻冬舎
¥ 720
(2005-03)
Amazonランキング: 549279位
JUGEMテーマ:読書



 つい、最近、どなたかのブログでこの本が褒められていたので気になっていた

 のですが、先日行った図書館でたまたま見つけました。 男女


  普段は、捜査一課の腕利き警部補で、その働きぶりから「鉄の女」

と同僚や上司から恐怖される女刑事。そして、一歩うちに入れば、年下の

夫ににベタベタ甘えて、ついでに事件の話もしちゃったりする、超ツンデレ

の妻。そして、今どきのイケメンで趣味は家事、イラストレーターとして

優秀なのに、愛する奥さんに美味しい食事を作ってあげたくて、多くの

依頼は受けないようにしている、半主夫の年下夫。しかも、名探偵。と、

いう、「ミステリなふたり」が主役の短編集です。 読書


 たぶん、初太田さんだったと思うのですが、面白かったです。 嬉しい

女刑事ものって、最近は美人で仕事が出来て、少々取り扱いに困るけれど、

なにげに可愛いところを職場でもちょっぴり見せたりするものですが、この

話のヒロインは、職場でも全然可愛げがなくて、家に帰ると靴を投げ捨てて、

年下のダーリンに抱きつく、という実態が全然想像できないタイプです。

楽しい


 外では鉄面皮で、家では超甘え妻のい上に事件の相談までされて、

「よく、だんなさんは我慢しているな。」と思っていたのですが、

『ミステリなふたり』のミステリな出会いが最後の短編に描かれて

いて、納得しました。 わーい



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。







 



 
| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『九杯目には早すぎる (FUTABA・NOVELS)』 蒼井上鷹

 初蒼井作品でした。それにしても、・・・非常にブラックだわ! びっくり

予備知識なしに読み始めてしまったので、短編を3つぐらい読んだところで、断念

しました。 冷や汗 ミステリーとしては悪くないのですが、・・・これは

好き嫌いが分かれる作品ですね。 しょんぼり


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。









| 作家 (あ)行 【朝倉かすみ・上田早夕里・大倉崇裕 他】 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |