スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『銀河英雄伝説1・黎明編』  田中芳樹

評価:
田中 芳樹
東京創元社
¥ 840
(2007-02-21)
コメント:SF嫌いの人にもおすすめ。
Amazonランキング: 4918位
長編小説に躊躇してきた、すべての日本の方へのプレゼント
若い人にこそ読んで欲しい
秀逸な構成

JUGEMテーマ:読書


 今も本は好きですが、高校時代 も本好きだった私は、まわりの人も本が好きで、

特に、『銀河英雄伝説』シリーズには、みんな、はまっていました。  みんな、

お気に入りの人物がいて、帝国側のキルヒアイスイス命!、という人もあれば、

同盟側のヤン好き!という子もいて、結構、好みがいろいろ分かれるのが、また

おもしかったです。  私は、ロイエンタールとミッタマイヤーのコンビが大好き

でした。


 
 「一生の愛読書にしたい!」と、と当時思っていた、この作品、ものすごく久しぶりに

読んでも、すごくよかったです。  全然、古さを感じませんね。すごい作品を、田中

さんは世に送りだしたものですね。 


 「銀河の歴史が、また1ページ・・・・」、次の巻を読むのが、待ち遠しいです。 



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト














| 作家 (た)行 【田中芳樹・田中啓文 他】 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『笑酔亭梅寿謎解噺』  田中啓文

評価:
田中 啓文
集英社
¥ 1,890
Amazonランキング: 209839位
久しぶりに面白い本
タイガー&ドラゴンのもと小説 ?
一般的にオススメしやすい!
JUGEMテーマ:読書



 落語が重要なファクターをしめる物語といえば、私の中では北村薫さんの

『円紫さんと私』シリーズか、佐藤多佳子さんの『しゃべれども しゃべれ

ども』を思い出したのですが、この物語は、この2つに比べるとかなり型破

りです。なぜなら、元不良だから! びっくり


 主人公・竜二は、先行きを心配した教師により、その教師が以前弟子入り

していた笑酔亭梅寿師匠の元に無理やり連れていかれ、無理やり弟子入り

させられてしまいます。 たらーっ 


 先の二人のように落語を愛して、落語の世界に足をふみいれたわけでも

なく、お世辞にも上品でもないのですが、どうやら、秘められた芸の力と、

推理力はなかなかのようです。インパクトも、強いですし。 楽しい

入門した先で、落語の修業だけでなくて、師匠とともに、巻き込まれた

事件の謎を解いていきます。 見る


 どうやら、続編もあるようですので、機会があれば、読みたいと思い

ます。 嬉しい


 収録作品      『たちきり線香』

           『らくだ』

           『時うどん』

           『平林』

           『住吉駕籠』

           『子は鎹』
     
           『千両みかん』



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト








| 作家 (た)行 【田中芳樹・田中啓文 他】 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『禁断のパンダ』  拓未司

評価:
拓未 司
宝島社
¥ 1,365
(2008-01-11)
ミステリーとしては、4星、書物としては、今二つ。
ラスト1行でミステリーとして完成する!!
将来性を加味して・・・
JUGEMテーマ:読書



 コミカルそうな表紙に騙されて、購入した作品。冷や汗  第6回

『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品ということで、興味が湧いた

こともたしかです。しかし、・・・いやはや。 びっくり


 読んでみての感想は、おおむね、選評のみなさまと一緒ですが、料理の

描写、特に、披露宴での食事は、まさしく「唾が出るほど、リアル」。

ワイングラス 「値段とカロリーの高い料理は欲しくなる。」という

言葉にも、納得でした。 


しかし、・・・、食欲をそそられていてばかりだった前半から一転、後半

になると、食欲を無くすような展開に! 冷や汗 まあ、ある程度は

想定内とはいえ、しばらくの間は、爽やかなものが読みたくなりました。


 「想定内」という言葉通り、評者の方もおっしゃっていましたが、ミス

テリーの出来としては、多少落ちる部分があると思います。今回の☆は、

料理の描き方だけでしたら、5つあげてもいいぐらいだったので、物語

の部分で減点して、トータルで3つといったところです。結構親しみや

すい文体ですし、本当に料理の描写は、レストランで働かれていらした

だけあって素晴らしいですので、「小説版・美味しんぼ」みたいな世界

のものを書かれれば、よろしいのではないかと思います。 読書


 ところで、作品中に登場する某シェフの名前って、もしかして、ある

有名シェフの方々にけんかを売っていますか?  たらーっ


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。













| 作家 (た)行 【田中芳樹・田中啓文 他】 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『十一月の扉』 高楼方子

十一月の扉
十一月の扉
高楼 方子

   著者      高楼方子

   題名      十一月の扉

   出版社     新潮文庫

   どことなくノスタルジー度 ★★★★★★★★


 どなたかのブログで紹介されていたのですが、先日、大きな本屋さんで見つける

ことが出来て、ゲットしました。 嬉しい


 ヒロインの爽子は、たまたま見つけた洋館に一目ぼれして、転勤前の数週間を

そこで下宿させてもらうことにします。建物も魅力的ですが、そこ「十一月荘」

に住む人たちも魅力的、集う人たちも魅力的ということで、充実した生活を送

ります。楽しい


 魅力的な品物ばかりある文房具店で、魅力的なノートを1冊買って、爽子は

物語をそこに書き始めます。時には背伸びをして、喫茶店で執筆活動をしたり

、好きな男の子が出来たりと、下宿生活を満喫して、次のステップへと踏み出

していきます。 男女


 ヒロインが執筆活動をしているところや、好きな男の子が硬派で素敵なとこ

ろが、なんとなく宮崎アニメを連想させました。人物も、優しい人たちばかり

ですし。 ニコニコ

 児童文学系なのでしょうけど、もちろん大人の鑑賞にも充分耐えられる作品

だと思います。読書 あとがきでも、いろいろな作品が紹介されていまし

たので、それらの作品をこれから読むのが楽しみです。 ラッキー


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。










| 作家 (た)行 【田中芳樹・田中啓文 他】 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |