スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『ザ・万遊記』  万城目学

評価:
万城目 学
集英社
¥ 1,260
(2010-04-23)
コメント:今回も笑わせてくれます
Amazonランキング: 3262位
しずお蚊
ファン必見!

JUGEMテーマ:読書


 万城目さんの、独特の世界感が遺憾なく発揮されている、このエッ

セイのシリーズ。今回も、すごかったです。  何がすごいって、

俳優・渡辺篤史さんと、渡辺さんのお宅訪問番組への愛で溢れて

います。  雑誌の連載をまとめたものらしいのですが、提灯

持ち記事でもここまでしないかと思うほど、ディープ!  恥ず

かしながら、今までその番組を観たことがない私でも、番組がすご

く観たくなりましたし、渡辺さんの本がすごく読みたくなりました。 

この本での、宣伝効果、すごいものがありますね。 


 なかでも、好きだったのは、『年下の男の子』。万城目さん、その

気持ち、よくわかります。 年下の人たちに追い抜かれるような、

妙なあせりが出てくるのですよね。  そして、ラストの『ある訪

問』。お金はあるのですから、ぜひ、立派なお宅を作っちゃって、

そして、渡辺さんを招待してください。 


 うれしかったのは、草津温泉をとりあげてくれたこと、。群馬県人

は、すごくうれしいです。 


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。

| 万城目学作品 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『プリンセス・トヨトミ』  万城目学

評価:
万城目 学
文藝春秋
¥ 1,650
(2009-02-26)
コメント:愛すべき大風呂敷小説
Amazonランキング: 852位
男が漢になるとき。
肩に力が入ったかなぁ
やっちまったなぁ!

JUGEMテーマ:読書


 「待ってました!」の、万城目さんの新作小説です。   いやあ、いつもにも増して、

万城目さん、大風呂敷を広げましたね。  もっとも、今回、少々、広げすぎた感が

あるのですが。 


 豊臣秀吉の末裔というのが生きていて、豊臣の時代を懐かしんだ人々によって大阪国

という、独自の国家が脈々と受け継がれてきたというとっぴな設定は、とても面白かった

と思います。  会計検査院の山の字トリオも、結構好きです。 


 ただ、大風呂敷を広げすぎて、せっかくの舞台設定や魅力的なキャラクターたちが生

かしきれていなかった気がします。大阪国の人間も、ただ集まっただけで終わってしま

った感じですし、大輔の乙女なところも生かされていない感じがしました。 


 いえ、じゅうぶん面白く読まさせていただいたのですが。 


 続編があるようでしたら、松平さんや鳥居さんの出番をもっと増やしてほしいです。 





【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト















 
| 万城目学作品 | 23:16 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
 
 

『鹿男あをによし』  万城目学

評価:
万城目 学
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-04)
Amazonランキング: 1693位
TVとは違った面白さがあった
地味に日本を助けるオトコ。
文学のエンターテインメント性を十分に感じさせる
JUGEMテーマ:オススメの本



 「原作を読んでから、観たいな。」と思っているうちに、テレビ版を見逃

してしまった私。 冷や汗 ようやく原作を読み終えたので、これで

DVDを観ることができます。


 それにしても、『ホルモー』に『鹿男』とは、大家さんに説明しづらい

タイトルと内容ですよね。 たらーっ それなら、まだ『○○殺人事

件』みたいなタイトルのほうが、不審がられなくてよかったですよね。


 神経衰弱気味の大学院生が産休教師の代わりとして、講師として女子校

に赴任するところから話が始まります。着任早々、なんだか問題児の女子

生徒がいるなど、嵐の予感。そして、なぜか、鹿に話かけられます! びっくり


 以後、摩訶不思議な世界が展開するのですが、卑弥呼や古墳など、ファ

ンタジーファンだけでなく、歴史ファンの人も喜ぶような内容ですね。 ラッキー


 また、この『鹿男ー』といえば、玉木宏さん主演でドラマ化されたのでも

有名ですが、藤原君を綾瀬はるかさんが演じていらしたのは、知りませんで

した。そして、重さんが蔵さま、そして、リチャードが児玉清さんだそうで、

DVDを観るのが、とても楽しみです。 嬉しい この学校、美男美女

しか、存在しないのでは?まあ、個人的には、玉木さんより好きな児玉さん

が、リチャード役というのは、少々複雑なのですが。



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト










| 万城目学作品 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ホルモー六景』  万城目学

評価:
万城目 学
角川書店
¥ 1,365
(2007-11)
『鴨川ホルモー』の空白を埋める6つの恋の物語
女子的視点で見ると「鴨川ホルモー」よりこっちの方が好みかも
背景の描き込みが秀逸!のサイドストーリー
JUGEMテーマ:読書



 戦う古都ファンタジー第2弾は、スピンオフともいえるサイドストーリー

が6編収められています。前回登場した京大青竜会のメンバーだけでなく、

他の大学のメンバーたちも取り上げられていて、さらに興味が湧いてきま

す。 嬉しい 


 この中でも、私が良かったと思ったのは、『鴨川(小)ホルモー』と、

『丸の内サミット』。続きが気になるところで終わっているのですが、

そのうちに続編なんて、読ませていただけるのでしょうか?万城目さ

ん。 楽しい


 そういえば、山田孝之くん主演でドラマ化が決まったらしいですが、

えせ清純派なので、正直どうかなと思っています。 冷や汗


 収録作品    『鴨川(小)ホルモー』

         『ローマ風の休日』

         『もっちゃん』

         『同志社大学黄竜陣』

         『丸の内サミット』

         『長持の恋』



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト






  


         

| 万城目学作品 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ザ・万歩計』  万城目学

評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260
(2008-03)
冒頭の言葉より
京大エリートライフからの逸脱
のんべんだらり
JUGEMテーマ:読書


 ひとことでいうと、「愛すべき妄想男」のエッセイでしょうか。奇妙な歌

のセレクションを本気で考えたり、タイムスリップしたら何するか思ったり、

「モンゴルの草原で暮らしたい。」と、大学を留年して、かの地に行って

しまうような人です。 びっくり


 それと、結構行動派ですよね。ドバイ、トルコなど、いろいろな国に行か

れています。「小説を書きたいから。」と、会社を2年ちょっとでお辞めに

なっているし。そんな万城目さんを温かく見守るご家族や会社の人たちがい

いですよね。 楽しい 梅田の本屋さんが、万城目さんの本につけて

くれたポップもいいですよね。


 万城目さん、続刊、希望します。 嬉しい


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい


にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト









 


 
| 万城目学作品 | 17:04 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
 
 

『鴨川ホルモー』  万城目学

評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260
(2006-04)
ちょっとアカデミックでバカらしいことに興じた学生時代を思い出した
異次元レベルの面白さ 
よぉくわかりましたぁ。
JUGEMテーマ:読書



 初万城目さんです。 嬉しい 


 以前から、読書ブロガーさまの間では、「森見派か万城目派か。」

なんて話題がよく登場していますが、流行りものにはうといので、

森見さんはアンソロジー収録の1作品しか読んだことがなくて、万


城目さんにいたっては、これがお初で、恥ずかしいかぎりです。 冷や汗

そんなわけで、比べる資料が少なすぎるのですが、現在の私の中での

評価、というより、個人的な好き嫌いは、圧倒的に万城目さんの勝ち!

でございます。  楽しい というのも、楽しんでこの本を読み終

えたのに対して、森見さんはアンソロジー収録の『夜は短し 歩けよ乙

女』が巷の評判ほど面白く感じなかったのに続いて、先日は本屋大賞の

候補にもなった『有頂天家族』を、たった2ページで挫折! びっくり

出だしがなんかのれなかったのですが、もう少し我慢して読んでいれば、

だんだんと面白くなってきたのかもしれませんが。 しょんぼり

なんだか、文章が肌に合わないというのが、あるのかもしれません。


 いろいろなことに興味のない主人公・安倍が、葵祭の日に勧誘された

怪しげなサークルは、「陰陽師」への第一歩だった!?という物語です。

いえ、厳密にいうと、もっと吹っ飛んでいて、いい加減で、青春モリモリ

なのですが、「鬼」と呼ばれる式神のようなものを駆使して、チーム対抗

で戦うことになり、しかも「朱雀・白虎・玄武・青竜」!絶対に、映画版か

小説版かコミック版の『陰陽師』にはまったことがある人なら、絶対に

ビビっときてしまう設定ですね。主人公や先輩の名前も、「安倍」や

「菅原」、「早良」ですから。 イヒヒ それに、使われる鬼が

「きゅる、きゅる」と泣くなんて、まるで『しゃばけ』シリーズに登場

する鳴家みたいで、おかしいです。 ラッキー


 あっという間に読み終えてしまったので、早く続編が読みたいです。

男女 あ、でも、先に『鹿男ー』が読みたいかも。


 【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト















| 万城目学作品 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |