スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『ダ・ヴィンチ・コード・下巻』  ダン・ブラウン

ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

 
 ようやく読み終わりました、『ダ・ヴィンチ・コード』。これで、ようやくDVDを観

ることができます。 嬉しい 感想はというと、『このミス』に載っていた評価が妥

当な気がしました。確かに凄いですが、そのお金があったら、他の本が買えるなと。

冷や汗

 キリスト教圏に生活している人ならもっと感じるものがあったかもしれませんが、なん

ちゃって仏教徒の私としては、いまいちインパクトに欠けるし、ダ・ヴィンチも好きでは

ないですし。モナリザなんて、大嫌いですし。顔、怖くありません? しょんぼり

それなら、大昔に読んだ『写楽殺人事件』や『北斎殺人事件』のほうが、よっぽどインパ

クトがあったなと。日本人ですから。

 
 結末がいまいち納得いかないのも、乗れなかった理由かも。なんだかんだいっても、「

「敵」の方々って、自分勝手な方ばかりだったような気もします。 冷や汗

 
 でも、DVDは観ると思います。トム・ハンクスは、結構好きですので。 嬉しい


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。











| 海外作品 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ちびくろ・さんぼ』  ヘレン・バンナーマン

 ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン, フランク・ドビアス, 光吉 夏弥


 一昨日、昨日と、社員旅行でした。本がないと不安なので、2冊持っていったのです

が、珍しく読んでいる時間がなくて、全然手をつけずに帰ってきました。私が本を読まな

い日があるなんて、本当に珍しいです。 びっくり


 そんな中、函館のお洒落な喫茶店で手にとったのが、この本と『ちびくろさんぼ2』

です。お洒落な雑貨や絵本が置いてあって、女性が喜ぶタイプのカフェでした。 

嬉しい


 2が出たのは知っていましたが、まだ読んだことがなかったですし、1もストーリーを

忘れかけていたので、頼んだ紅茶が出てくるまでの間に、つい読んでしまいました。

たらーっ


 1は、虎がバターになるまでのいきさつが分かりましたし、2はさんぼに弟が出来るこ

とが分かりました。 見る


 本当に、この2冊しか読まない旅行でした。今日も、何か読みたいと思っていますが、

疲れきっていて、とても読書どころではありません。 しょんぼり


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。










| 海外作品 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『ダ・ヴィンチ・コード・上巻』  ダン・ブラウン

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)

    著者      ダン・ブラウン

    題名      ダ・ヴィンチ・コード 上巻

    出版社     角川書店

    買わないでよかったかも度 ★★★★★★★

 ようやく読みました、『ダ・ヴィンチ・コード』。感想はというと、まだ上巻が読み終

わった段階でいうのもなんですが、・・・『このミス』での評価は妥当だったなと。

読書 つまり、「そこそこ面白いけど、お金出して買うなら、他にも面白い本があ

る」と。・・・貸してくれた人(妹)に悪いですが。 冷や汗


 まず、ミステリーとして、あの始まり方はどうかと思うんですよ。一応、ファーシュ警

部って、そこそこ優秀な捜査官のわけでしょう?それが、あれですか。(ネタばれしない

ように書くって難しいですね) びっくり


 それと、なんちゃって仏教徒の私としましては、キリスト教の薀蓄は、ちんぷんかんぷ

んということ。美術にも、全然詳しくないですし。私の知っている知識って言ったら、

『ギャラリーフェイク』の中のものですから。 楽しい 「モナリザ」、嫌いです

し。中学の図書館に入ってすぐ目につくところに飾ってあったのですが、不気味で恐かっ

たです。あれで、利用者、3割は減ったと思います。 しょんぼり 
 
 
 薀蓄系ということで、「京極堂」シリーズを思い浮かべたのは、私だけ?まあ、とりあ

ず、下巻も読んでみます。


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。








| 海外作品 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

『カモメに飛ぶことを教えた猫』  ルイス・セブルベダ

カモメに飛ぶことを教えた猫
カモメに飛ぶことを教えた猫
ルイス・セプルベダ, 河野 万里子

 どなたかのブログで紹介されていて、興味があったので借りてみました。

 やけに悟っている黒猫・ザルバが仲間達と共に、カモメを育てる話です。何故カモメを

育てることになったかというと、瀕死の親のカモメの願いを聞いて、卵をかえして、育て

て、飛べるようにするところまで約束してしまったからです。 びっくり

 
 そこから、ザルバと仲間たちの大仕事が始まります。何しろ、ザルバをはじめ、大佐・

博士・秘書と、みんな猫仲間ですから、猫のことしか知りません。百科事典で必要な情報

を手に入れようとするなど(!)本当に涙ぐましいです。のらねこやネズミと対決するな

ど、ザルバの堂々とした様子がいいです。 嬉しい

 オセンチな作品を読みたい時に、おすすめ。 男女


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。










| 海外作品 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |