スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『図書館革命』 有川浩

評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-11)
Amazonランキング: 2732位
はまりっ放し
大切なこと
あまーーーーい
JUGEMテーマ:読書



 これ1冊でシリーズ終了だと思うともったいなくて、なかなか読めません

でした。いやあ、読み始めたら、あっという間に読み終えてしまいました。 嬉しい


 今回の特殊部隊の任務は、作品がテロのテキストとなったとされる当麻先生

の警護。最初の避難場所をやられ、次もやられ、という展開に、本当にドキドキ。

思わぬ味方、思わぬ敵が登場して、表現の自由と利権のために図書隊と良化委員

会の戦いは激しさを増します。そして、最後のあの展開!あそこまでは、正直、

想像していませんでした。せいぜい、「ちょっとは進歩したじゃない。」程度

で終わると思っていたので。想像していたのよりラブ度が高くて、よかった

です。 楽しい


 それにしても、このシリーズで恐ろしい人物の2強は、玄田さんと柴崎

ですね。2人とも、どっちもどっちのモンスターですね。 びっくり

敵には、まわしたくない感じ。1番弱い人物は、ひょっとして堂上さん?

みんなに責められて、罰としてケーキを人数分買わされているし。反応

がいちいち過敏で面白いのですよね。 ときめき


 アニメ化されるそうですが、期待と不安が半々といったところでしょう

か。



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。
















| 有川浩作品 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

スポンサーサイト

| - | 23:02 | - | - | pookmark |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK