スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『レッドゾーン・上巻』  真山仁

評価:
真山 仁
講談社
¥ 1,785
(2009-04-24)
コメント:アランの死の真相が解かれようとする、ミステリー的側面も
Amazonランキング: 168位
娯楽作品としてやはり優れた小説です
現在進行形で起こっているニュースです
真山氏の作品は面白いです

JUGEMテーマ:読書
  
 ここのところ、忙しくて、医療事務の講座の宿題がたまってしまい、非常にやばい状況

です。    ましてや、読書している間も全然なかったのですが、ストレスを感じるように

なったので、これを読むことにしました。  


 真山さん専門のカテゴリを作ってもいいのですが、『ハゲタカ』や『バイアウト』を原作の

カテゴリに入れてあるので、これもそれで処理しました。  


 
 今回の鷲津のターゲットは、日本を代表する企業・アカマ自動車。最初は興味がなさそう

だったのに、周りを怪しげな中国人たちが動きまわるようになったり、アカマ自動車の社長に

面談を求められたりしているうちに、アカマ自動車を買い取る気持ちに傾いていきます。 

前作から引き続く大きな謎も、解明されていく気配です。


 一方の芝野は建て直しが進む曙電機の役員を退き、恩ある人物が作った会社、マジテ

ックの建て直しをすることを決めます。きっと、そのうちに、芝野の側と鷲津の側が、少しず

つリンクしていくはずです。 



 それにしても、太一郎、うざい男ですね。  



【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい



にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。





『図書館戦争』公式サイト












 



 
| ドラマ・映画原作&ノベライズ | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

スポンサーサイト

| - | 23:22 | - | - | pookmark |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK