スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『クドリャフカの順番』 米澤穂信

クドリャフカの順番―「十文字」事件
クドリャフカの順番―「十文字」事件
米澤 穂信


    著者      米澤穂信

    題名      クドリャフカの順番

    出版社     角川書店

    青春のほろにが度  ★★★★★★★

 
 

 米澤さんといえば、『このミス』にもランクインなさっていますし、「古典部

シリーズ」が特に人気なのは知っていましたので、そのうちに読んでみたいとは

思っていました。でも、最近はエッセイとか読む機会が多くて、ここのところま

た、ミステリーのほうに足が戻ってきたところなので、借りてみました。


 この本は、人気の「古典部」シリーズの第3弾ですが、何故3弾からかという

と、『氷菓』と『愚者のエンドロール』が図書館に置いてなかったため。

悲しい 富岡市立図書館さん、ぜひ2冊を入れてください! 読書


 いきなり、3から読み始めるので、多少人間関係が分かりづらい面もありまし

たが、それでも面白く読ませていただきました。


 メンバーの通う高校の文化祭で、奇妙な盗難事件が相次ぐところが、今回の

主な事件です。でも、メンバーにとっては、頼みすぎてしまった部誌をさばく

ほうが、大問題だったように思われます。 楽しい 部長の千反田さんの

頼み方が、純なためか、あまり上手くないのが可愛いです。 女 


 私も、高校時代に所属していた部活で部誌を作っていたので、とても懐かし

く感じられました。今思えば、うちの部活は摩耶花さんの集団みたいなもので

したので、私以外はみんな絵は上手かったですし、紙にも詳しかったです。

楽しい


 事件の結末はほろ苦いものですが、舞台となった文化祭が大規模で面白そう

で、ぜひ行ってみたいと思わせるものでした。特に、料理対決で、バナナをだ

しで茹でた料理には興味津津。食べて・・・みたくないかも。 たらーっ

やっぱり、バナナはそのまま食べるのが、1番美味しいです。 嬉しい


 「古典部」というより、「推理研究会」と読んだほうがよさそうな、このシ

リーズのメンバー。 楽しい ぜひ、ほかの作品も読んでみたいのですが、

なぜ「古典部」なのでしょうか?


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。












| 作家 (や)行 【山村美紗・米澤穂信・吉村達也 他】 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

スポンサーサイト

| - | 22:00 | - | - | pookmark |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK