スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

『春期限定いちごタルト事件』 米澤穂信

春期限定いちごタルト事件
春期限定いちごタルト事件


    著者    米澤穂信

    題名    春期限定いちごタルト事件

    出版社   東京創元社(文庫)

    ケーキ屋に走りたくなる度 ★★★★★★★


 移動の電車の中で読んだ本。 読書


「小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある、高校一年

生。」という、なんとも変わった一文から、物語は始まります。 楽しい なぜ、小市

民かというと、二人とも頭がいいので、その能力を発揮して、目立つことを嫌っているか

らです。びっくり でも、こういうもののお約束で、「事件」のネタを持ってくる、

依頼人みたいなのが存在するわけです。『名探偵コナン』ではないですが、自分が表舞台

に出ないで済むように、二人とも四苦八苦。こんな名探偵、見たことありません。

楽しい


 そもそも「恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係」とは、一体どういう関係なので

しょう。よき友としての感情やほのかにでも恋愛感情というのは、少しも持ち合わせてい

ないのか気になります。だって、嫌いなら一緒にいたくないでしょうし。一緒にケーキを

食べにいっているのですから。 男女 私も、「アリス」や「ハンプティ・ダン

プティ」みたいなお店で、ケーキが食べてみたいです。私はちなみに、チーズケーキやフ

ルーツタルト系が好きです。 ときめき


 二人が互恵関係になるきっかけとなったエピソード、いえそれ以前に小鳩君や小佐内さ

んが小市民を目指すきっかけになったエピソードが描かれた本が先に出ていれば、もっと

このシリーズ、楽しいものになったと思うと、もったいないです。 たらーっ


【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集

  このリンクに登録することが、由緒正しき本ブログの証! 楽しい




にほんブログ村 本ブログへ


    参加しています。良かったら、クリックしてね。











| 作家 (や)行 【山村美紗・米澤穂信・吉村達也 他】 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

スポンサーサイト

| - | 23:04 | - | - | pookmark |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK